解説白浜温泉の歴史

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
和歌山県の鳥:めじろ白浜温泉は、日本三古湯(白浜、有馬、道後)に、また三大温泉地(白浜、別府、熱海)に数えられる。

飛鳥、奈良朝の時代から「牟婁の温湯」「紀の温湯」の名で知られ、斉明、天智、持統、文武天皇をはじめ多くの宮人たちが来泉した1300年余りの歴史を持つ由緒ある温泉観光地である。「日本書紀」や「万葉集」の昔から、白い砂浜と海の織り成す風景が数々の歌にも詠まれている。

白浜温泉の歴史 昔は鉛山鉱山があり、鉄砲の玉にする鉛を採っていたが、鉛が採れなくなった江戸時代初期から、湯崎に残った鉱夫が湯治場を開いた。

明治初期からは、崎の湯、屋形湯、阿波湯、疝気湯、元の湯、浜の湯、礦湯の七湯を「湯崎七湯」と称し、来泉客に親しまれていた。

大正末期まで七湯は全て海岸沿いにあり、海岸の岩場に自然湧出する温泉を利用して浴槽を掘り、下に小石を敷いて共同の外湯を作った。

明治20年(1887)に紀州航路が開かれ、大阪方面から汽船で直接来ることができるようになると温泉地は急速に発展。

白浜アドベンチャーワールド:シャチ 大正末期から昭和初期にかけて湯崎地区から開発が行われ、大正12年(1923)に道路網が完成し、白浜温泉街が生まれる。昭和8年(1933)、鉄道が開通し、白浜駅できると町全体が白浜温泉として大きく発展した。

戦後は団体観光客向けの歓楽温泉として発展するが、昭和50年(1975)頃から南紀白浜アドベンチャーワールド、白浜エネルギーランドの開園に伴い、家族向けのレジャー温泉地へと変化を遂げている。


TOPPAGE  TOP